禁断の恋~一軍メガりゅう、陰キャラ三軍に初恋をする(高1)

メガりゅう

スクールカースト一軍に入れたメガりゅう。そこで初めてセックスをした。相手は陰キャラの三軍だ。別にその子が好きだったわけじゃない。向こうが誘ってきた。私はセックスを知り、恋人とセックスをしてみたいと思った。

あらすじ

恋人がほしい!!

恋人がほしい。しかし私は東大受験という使命を背負った立場。そんなみだりなことはできない。

でも、やはり恋人はほしい。誰かいないか。一軍はダメだ。チャラチャラしすぎであり付いていけない。二軍から選ぼう。恋なんてしたことない。そもそも「恋心」とは何か。知らなかった。二軍にはかわいい子がたくさんいた。自然が大好きな豊田さん、同じ水泳部の勝浦さん、タワーマンションに住む武蔵小杉さんなどなど、そこから選ぼうと思った。

ついに、恋の相手が!!

やっぱ緊張するなあ!そう思いなかなか声をかけられなかった。他の一軍仲間は他クラスの一軍に彼女がいる。熱海さん、浜松さん、米原さん、豊橋さんと、どの子もカワイイ。熱海さんは15両編成で私のクラスに毎日出入りする。浜松さんは長いベンチの前でいつも立っている。米原さんは待ち合わせに時間がかかる。豊橋さんは、知らない。羨ましいなあ…!!

私は同じクラスでタイプの子を見つけた。川崎さんだった。川崎さんは1学期は一軍だった。しかし、クラスになじめなかったのだろう、いつの間にか三軍に転落していた。川崎さんが一軍だったころ、他の一軍女子と一緒に「リュウって顔カッコいいよ」って話しかけてくれたことがあった。優しいな。そんなこんなで私は川崎さんと付き合いたいと思った。私は、真面目なタイプの子が好きなので、もってこいだ。しかし川崎さんはいつも本を読んでいる。そして一軍や二軍からいじめにあっている。どうやって話しかけよう…。

またとない機会が!!

またとない機会が訪れた。私は自転車通学をしていた。川崎さんも同じ方向、同じ自転車通学だった。

「一緒に帰ろうぜ」私は声をかけた。三軍は一軍に話しかけることはできない。私から声をかけるしかなかった。

「うん」とだけ答えがあった。

「最近元気ないじゃん、どうしたのよ」と聞いてみた。

「なんかクラスってめんどくさくて」川崎さんは言ってきた「前までは良かったんだけどね…」

「大変なんだね…」私は言った「前までおれと仲良かったじゃん、仲よくしよう」そう言ってあげた。

「ありがとう」川崎さんはそれだけ言って、その日は別れた。

密会する毎日

私はこっそりと川崎さんと会っていた。一軍仲間にもこのことは言っていない。

一緒に毎日帰っていた。私が駐輪場の前で待っていて川崎さんがそのあとに来る。一緒に帰るのが楽しかった。

私は、彼女の真面目なところ、おしとやかなところが好きだった。そして私のことを好んでくれていた。それが、私のハートを掴んだ。

いじめにあっていたから

川崎さんはいつも独りで本を読んでいる。ボッチはいじめにあいやすい。案の定、川崎さんを悪く言う輩がいた。

私の友達である一軍も川崎さんを悪く言っていた。なんとかやめてもらいたい、私は一軍仲間にそう伝えた。

「おいリュウ」一軍仲間が言った。「お前は俺たちが絡んであげてるから一軍やっていられるんだぞ。おれたちにハブられたらお前、三軍だぞ。」

確かにそうだ。私は拾われて一軍に入れた。だから一軍なのに他の一軍には逆らえない。三軍にはなりたくなかった。だから彼女がいじめられていても、無視した。

二軍も影では彼女を悪く言っていた。そういう機会に出くわしても、私は無視した。

三軍の彼女を救いたい私。どうやって助ければいいんだ!!次回、ついに恋が深まる!!

後編はこちらから!!

質疑応答

この話はフィクションか。

ノンフィクションである。しかし、人物の名称は架空のものであり、私の大好きな鉄道ネタを取り入れてみた。

関連記事を教えてほしい

下にリンクを貼っておく。

関連記事


にほんブログ村

5 thoughts on “禁断の恋~一軍メガりゅう、陰キャラ三軍に初恋をする(高1)”

  1. Wow tһat was unusual. I ϳust wrote an eextremely ⅼong comment buut afteг I clicked submit my comment ⅾidn’t аppear.

    Grrrr… weell I’m not writing aall that ᧐ѵer again.
    Anyԝays, jus wantwd to say fantastic blog!

  2. Ahaa, its good dialogue concerning this piece of writing here at this weblog, I have read all that, so now me also commenting here.
    It’s very easy to find out any topic on web as compared to textbooks, as I
    found this piece of writing at this web page.
    Hello! Someone in my Facebook group shared this website with us so I
    came to check it out. I’m definitely loving the information. I’m book-marking and will be tweeting this to
    my followers! Superb blog and superb design. http://plumbing.com/

  3. I think this is among the most vital info for me. And i am glad reading your article.
    But wanna remark on few general things, The website style is great, the articles is really great :
    D. Good job, cheers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください