不遇に扱われているポケモンたち【懐かしい!】

オニゴーリ

ポケモン好きに悪はなし

メガりゅう語録
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

ポケモンゲームは、面白いでしょうに

みんなも小学校時代とかに、ポケモンに何らかの形で触れた人がほとんどだと思う。ゲームで出会った人、アニメで出会った人、中には文房具でピカチュウを見た人など、さまざまであろう。

そんなポケモンは、日々進化している。

ゲームの世界では、「種族値」「個体値」などといったものが存在し対戦ツールとして深みを増している。

対戦が面白くなるよう、強すぎるポケモンは弱体化するなどの「調整」が行われる。

そんな「調整」により、ポケモンゲームの中で「不遇」扱いをされているポケモンが存在するよ。

高校生・龍成
高校生・龍成

みんなも知っているあのポケモンも存在するよ!

さっそく、紹介していこう!!


オニゴーリ

休校要請に舛添要一氏「現場を全く知らない」 志らく「共働きの人が ...
オニゴーリ

これ、ポケモン??

高校生・龍成
高校生・龍成
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

おっと、間違えた。

ポケモンGO】オニゴーリの色違いとおすすめ最適技・個体値計算

このオニゴーリは、ルビー・サファイア(第三世代)で初登場しました。当時の特性は「せいしんりょく」の一択でした。

しかしながら、第五世代に隠れ特性「むらっけ」を獲得します。

この特性がすごいです。

毎ターンごとに、攻撃・防御・特攻・特防・素早さ・命中・回避のどれかが1段階下がる代わりに、どれかが2段階上昇します。

なるほど。

高校生・龍成
高校生・龍成

ターン数を稼げば稼ぐほど全体的に能力が上昇していくので、「まもる」「みがわり」を連打し、食べ残しで回復しつつ、回避率上昇による苦戦をしているスキをみて「ぜったいれいど」で相手を倒します。

こうしてオニゴーリは「害悪戦術の代名詞」となってしまいました。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

YouTube上では「オニゴーリから国民を守る党」まで誕生したよ。

この戦術に不満が殺到、第8世代で「むらっけ」では、命中率と回避率は変化しない仕様となりました。

これにて、「まもる」「みがわり」戦術はあまり意味がなくなりました。


ポリゴンZ

f:id:ponz_poke:20190529155013p:plain:w200
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

アヒルみたいでかわいい。

ポリゴンZは、ダイヤモンド・パール(第四世代)で新登場!

特性が「てきおうりょく」で、ノーマルタイプの技の威力が上がる。

もともとポリゴンZは、とくこうが高く、さらにタイプ一致かつ「てきおうりょく」から出す「トライアタック」や「はかいこうせん」は強力であったよ。

どうして弱体化したのですか?

高校生・龍成
高校生・龍成
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

第五世代で「しんかのきせき」という持ち物が登場したんだ。

この「しんかのきせき」という持ち物は、「神か前のポケモンの防御と特防を1.5倍させる」というものだ。

これにより、進化前のポリゴン2の人気が上昇。ポリゴンZは使われなくなった。

「しんかのきせき」によって立場を奪われたポケモンは、ほかにもヨノワールやハピナスが存在する。ハピナスはチャージビーム使いなどで差別化を行っているが、ヨノワールも見る影はない。


ダークライ

初心者向け】ダークライ育成論【USUM】 – ユキノスケ Blog

あの「メガりゅうVS理科大VSダークライ」で有名のダークライですか!?

高校生・龍成
高校生・龍成
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

なんだそりゃ…

こちらもダイヤモンド・パール(第四世代)で登場したポケモンだ。

ゲームでは、少年に悪夢を見させるというイベントで登場したよ。

このポケモンの強みは「ダークホール」で相手を眠らせること。ダブルバトルの場合、2体同時に眠らせることができるよ。

しかも、この「ダークホール」は命中率が80%!(さいみんじゅつが60%)

高い確率でしかも2体同時に眠らせることができるので、「ズルい」と不評だった。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

そして、ダークライはアニメでも嫌がられるよ

アニメでの登場は、シンオウ地方のポケモンリーグ。決勝戦でサトシと戦うのだが、準決勝戦でちょっとしたエピソードが。

感動のシーン!!

懐かしいいいいい!!

メガりゅう(横浜国大後期のすがた)
メガりゅう(横浜国大後期のすがた)

準決勝はズバリ「シンジVSサトシ」!!

出場するポケモンはゴウカザルで、このゴウカザル、ヒコザル時代はシンジのポケモンでした。

しかしながら、シンジから「使い物にならない」とボコボコにされ、最終的には捨てられてしまいます。

その結果サトシの手持ちになり、最終的にポケモンリーグでシンジのポケモンとバトル!!

ゴウカザルは「もうか」(ピンチに炎の威力が上がる)を発動させ、シンジのエレキブルを倒します。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

感動するでしょうに

全米が泣いた(?)戦いの後の決勝戦、ここでサトシはダークライと戦います。

何でこのタイミングで!?

高校生・龍成
高校生・龍成

シンジとサトシのバトルで感動していた中、サトシはダークライ使いにあっけなく倒されてしまいます。

え…

高校生・龍成
高校生・龍成
メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

この結末に、視聴者から苦情が殺到したよ

話をゲームに戻すと、「命中率80%でねむり状態にするのはズルい」と言われたダークライ、専用技の「ダークホール」は第7世代(ポケモンXY)に命中率が50%にまで落とされます。

催眠術も命中率が60%なので、かなり運ゲーに頼るポケモンとなってしまいました。


ゴウカザル

ゴウカザル|ポケモンずかん

さっきまであんなに活躍してたのに…

高校生・龍成
高校生・龍成

ゴウカザルの初登場は、ダイヤモンド・パール(第四世代)です。タイプはほのお・かくとう。

シンオウ地方の御三家は、ドダイトス、エンペルト、ゴウカザルの3体から選ぶ。しかし、ドダイトスは弱点が多く素早さが低いためあまり人気がなかった。皆、エンペルトかゴウカザルから選択した。

ゴウカザルは、アニメの世界では上で紹介したサトシのゴウカザルのほかにも、してんのうオーバの手持ちとしても活躍する。かなり優遇されたポケモンであった。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

バシャーモと同じタイプだよ

バシャーモ|ポケモンずかん

バシャーモは第三世代で初登場。

この2体、役割が同じであり、第四世代では「バシャーモ<ゴウカザル」とみなされていた。この時代、バシャーモは姿を消した。

しかし、第五世代で逆転が起こる。

バシャーモは隠れ特性「かそく」を獲得。毎ターンごとに素早さが上昇する。これにより、人気が急上昇。

つるぎのまい、ビルドアップ、みがわり、バトンタッチなど、テクニカルな技を多く取得する。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

加速の習得は大きかった。アチャモでさえ「まもる、つるぎのまい、きしかいせい」のコンボで伝説のポケモンを倒していたよ。

そして、第六世代。

よくわかるポケモン解説】メガバシャーモ編 - ラレツ!

メガシンカの登場でさらに強化。もちろん特性は「かそく」。

ゴウカザルとバシャーモは役割が同じのため、ゴウカザルに出る幕はなくなったのであった。

メガりゅう(慶應のすがた)
メガりゅう(慶應のすがた)

ポケモンは大学生がやっても面白いよ!!
バトルしようぜ!!

One thought on “不遇に扱われているポケモンたち【懐かしい!】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください