イケメンメガりゅうのボディーパーツ紹介【今回は「目」】

メガりゅう

イケメンメガりゅうのことをもっと知ってもらいたい!!

メガりゅう
メガりゅう
これが本物のメガりゅうの目だ!!

基本情報

  • 色:白と黒(少し茶色みがかっている)
  • 形:球形
  • 個数:2個
  • 視力:0.01(普段は眼鏡をかけている。コンタクトの使用経験はなし)
  • まぶた:一重
  • まつ毛:長いほう
  • 目力:強いほう(数メートル先まで届く)

なぜメガりゅうの目を紹介しようとしたか

 私について、できるだけ多くのことを知ってほしいと感じたため。直接的な顔出しは行っておらず謎に包まれているので、少しでも知ってもらいたいと思った。これから別のパーツについても解説していこうと思う。

詳細説明

私は小学校のころは目がよかった。しかし、ポケモンのゲームを小学校時代にやりすぎた。だんだんと目が悪くなった。

中学2年生のころは視力が0.5くらいに落ちた。少し黒板が見にくいな、というくらいだった。当時は「メガネ系男子」というものが流行っており、メガネがオシャレなものとして取り上げられていた。(※現在では「メガネ=陰キャラ」だよなあ…)。私も大人っぽく見られたいと思ったのだろう、メガネが欲しいなと思った。

中学3年生でメガネを買ってもらった。最初は授業中だけかけるようにしていた。「メガネをかけてる自分って、大人。」と心の中で思いながら。普段は裸眼だけどふとメガネをかけて生活するセクシーさが自分でもたまらなかった。

高校に入ると視力が0.1に落ちる。しかし私は「裸眼とメガネのギャップ」が好きだったので、普段は裸眼で生活を行い、授業中などだけメガネをかけた。裸眼の自分も好きだったし、メガネの自分も好きだった。視力0.1でも生活しようと思えば生活できる。体育の授業や通学は裸眼で行っていた。

大学に入ると、裸眼での生活は厳しくなった。めちゃくちゃ目が悪い。でもコンタクトは使いたくなかった。通学から彼女とのデートまで常にメガネをかけるようになっていた。このころになると「メガネ=オシャレ」という風潮は亡くなり、「メガネ=陰キャラ」のイメージが強くなった。だから今の私もできれば裸眼で生活したい。裸眼のほうがかっこいいし。やっぱコンタクトはしたくないよな~とか思いながら生活している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください