必見|メガりゅう語録の抜粋5選

自画像

日本は学歴社会だ。イヤな社会だなあと思うかもしれないが、逆に言えば頑張った人が報われる傾向にあるという側面もある。皆さんはまだ間に合う。少しでも難易度の高い大学に行こう。後で後悔して取り返しのつかないことにならないように。

はじめに。メガりゅうより

私立大学は親不孝

私立大学は3教科受験だ。5教科真面目に勉強すればもっと安く立派な大学に入れるのに、怠けたせいで両親が余計なお金を払う羽目になる。そして、私立大学生の大半は真面目に勉強しない。それなのに高い授業料や施設設備費を払わせる。親不孝以外の何物でもない。(国立大学生もだが)生活費や交通費、交際費は自分で稼ごう。私立大学よりも圧倒的に国立のほうが立派だ。※ただし慶應義塾大学を除く

友達が少ない人は、人としての価値も少ない

友達は多いに越したことはない。学校の休み時間、自然と人が群がる人気者がいる。そういう人は、コミュ力が高い、優しい、カリスマ性がある、など何かしらのプラスポイントがあるから人が集まるのだ。そして、人気者はほぼ例外なく、人にやさしい。つまり、友達が多いということは、他人思いであるという「シグナリング」になっているのだ。友達が多い人はバズれが少ない。

もちろん、多くの人と接すればコミュ力が上がるし、人と接するテクニックも上がる。私がその良い例だ。特に面白い人と接した場合、対人面で勉強になることが多い。

※ちなみに類似の名言に「クリぼっちはアホだと思うね」「お正月ボッチは日ごろの行いが悪いと思うね」がある。

私は友達が少ない人が嫌いだ。もっと社交的になろう。

自分は文系だけど、物理基礎と数学ならどこぞの理系には負けないと思うの(流石に駿台SAやSX、医学生にはかなわないだろうが)

文系(国立)のほうが私立理系(東京理科大など)よりも理系科目ができる可能性が十分にあるという、社会へ強いメッセージを送った有名な名言。

世の中では時に文系よりも理系のほうが優れていると思われることがある。しかしながら世間一般で見られる「文系」とは私立文系のことであることが多い(母数が多いからな)。国立文系の場合、都心部の大学だと理数科目もハイレベルな学力が求められる。私立理系であってもピンキリで、出来の悪い学校は本当にダメだ。

高学歴大学は、宮廷一工医医だけ。他の大学じゃダメなんだよ。

当然でしょうに。私も高学歴になれるように「日々是決戦」だ(おっと、「第一志望は譲れない」だった…)

残業をするのは、つまらない人生だと思うね

時間は有限。無駄な時間を過ごすべきではない。

残業をたくさんする人は責任感があり偉い、というのはウソだ。単なる正当化に過ぎない。残業を沢山するというのは、非効率な人間がすること。フルタイムで働いている人の場合、一日8時間労働が基本だが、それ以上に働くと、仕事以外の時間に時間を割けなくなってしまう。もしその時間に読書をしていたら?副業をやったら?ちょっとした数時間が数年後には大きな差になるだろう。残業代はハッキリ言ってバイト未満の収入にしかならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください