なぜ残業を行ってはならないか【機会費用を考慮しよう】

時は金なり

ことわざ

「残業をするのはアホだと思うね」という超有名な、お言葉があります。

これは私の言葉です(;^ω^)

なぜ残業を行ってはならないかについて記述していきます。


日本の労働が非効率であるということは、有名な話です。

日本のサラリーマンは、もっと効率化して働くべきなんです!!

なぜ、効率化しないのか。

日本では「9時5時」が一般的な働き方です。もし仕事を早く終わらせても5時よりも早く変えることは許されません。もし早く仕事が終われば、別の仕事が振られるでしょう。

これだけ見ると、日本の会社で効率よく働くということは、損だと言えます。

逆にのんびりと仕事を行い残業まですれば、残業代としてお金がもらえてしまうのです!!

真面目に働いている人が損をし、怠けている人が得をする、これが日本社会のおかしな原則です。


しかしながら私は結論を「ダラダラと働いてたくさん残業代をもらいましょう」とはしません。

ハッキリ言って、残業代はバイト以下の収入しか手に入りません!!

残業代に依存して生計を立てていても、ロクな生活はできません。

おすすめなのは、副業をすることです。

確かに初めのうちはちょっとしか稼げないでしょう。しかし、副業でスキルが身に付き、独立など様々な可能性が広がります!!

残業は、ただ「バイト代」をもらうだけで、それ以上に得られることはありません。

一方で、副業は稼ごうと思えばいくらでも自分の頑張りに応じて収入が得られます。

もしかすると、副業のほうが本業よりも稼げるようになるかもしれませんね。

「9時5時」の間もまじめに働きましょう。私は以前「100%お金目当てで働いている」と言いました。しかし、お金を得るにはスキルが必要です。労働を通じてスキルを得ましょう。つまり「9時5時」で効率よくスキルを得、そこで得たスキルをもとに5時以降副業をするといいと思います。

「自営業」はリスクが大きい。しかしながらこの働き方なら「会社員」という身分保障の下での副業なので安心して副業ができます。

こっちのほうがよっぽど稼げると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください