駿台現役フロンティアコースに向いている人ってどんな人?【失敗談を踏まえ】

本記事の目的:

予備校は、ただ入ればいいという訳ではない。自分に合った予備校に入学することが学力アップには不可欠である。私は駿台に在籍していたため、駿台に合う人、およびそのメリットについて読者に伝える。

私は駿台現役フロンティアコースの卒業生です。某関東の校舎でした。

フロンティアコースはメリット満載です。

ただし、合う人、合わない人がハッキリと分かれると思います。

どんな人が駿台に入学したほうがいいのか、それを紹介します!

入学する条件1:十分な学力を保有している

ハッキリ言って、これがほとんどだと思います。

前提として駿台のクラスは3つに分かれています(最新情報は公式HPをご覧ください)

  • スーパーα:東大等の難関国立大向け(現在は「東大クラス」と呼ばれてるかも)
  • スーパー:上位国立大志望者向け
  • ハイレベル:マーチくらいを志望している人向け

駿台に入学するなら、スーパーαじゃないと意味がありません!!

教え方の上手い人気講師はスーパーαに配置されています。

彼らの授業は非常に役に立ちます。当然ながら教え方が上手ではない予備校講師も存在します。そのような人たちは下位クラスに配置されます。

もう一度言います、スーパーαじゃないと意味がありません!!

そしてこのスーパーαは誰でも入れるわけではないんです!!!(重要)

駿台模試で一定の偏差値を出すか、認定テストで高得点を出さないと入学できません!!

基準としては、あと一年で東大に受かる見込みがあるかどうか、と考えてください。

スーパーαの入学許可が下りなければ、厳しいことを言いますが代ゼミや東進のような別の予備校を探したほうがいいです。

入学する条件2:メンタルが強い

私は模試で高偏差値を出したため、スーパーαクラスに入学しました。

教科は数学1A2Bと現代文です。

数学の場合、理系の人と合同で行います。

そのため文系の私は、授業についていくことができませんでした。

駿台模試でもそこまでいい成績は出ませんでした。

すごくメンタルがやられます。。

数学のKK先生の言葉では「スーパーαは東大に入りたい人が入るクラスではありません。東大に入れる見込みがある人が通うクラスです。今回の問題ができなかった人は、スーパーだのハイレベルだの下のクラスからやり直して、実力が付いたらまたスーパーαに戻ってきてください」

ショックでしたね…。

毎月模試は行われるので、強いメンタルは必要です。

入学する条件3:難関高校に通い、かつ学内に友達がいる人

私は非進学校出身です。駿台に友達はいないし、ましてやスーパーαの認定をとれる人などいません。

そのため、私はボッチで駿台に通いました。

駿台に通うということが、私にとってステータスだったのです。

(歴史やってる人へ:駿台から「冊封」を受けるようなものです)

「別にそのくらい良くね!?」と思うかもしれませんが、「駿台でボッチ」は大問題が発生します。

どこの予備校でも同じですが、通期の授業(さっきからスーパーαだのなんだの言ってるやつ)のほかに、

季節講習があります!!

これは授業ごとに、どの講座を受けるか、どの先生の授業を受けるか、自分で決断しなくてはなりません。

「入学する条件1」で言ったように、駿台の人気講師の授業を受けなくては意味がありません。どの先生が人気講師なのか、どのくらいのレベルの人がどの授業を受けるのか、そのような情報を得るには、学校の先輩や友達に聞かないと非効率です。

※非進学校からどうしても駿台に通いたい人へ

駿台に通うとなると、メンタルは崩壊し、しかも孤独で情報収集は自力で行わなくてはいけません。

しかしそのような条件下でも「駿台からかんかん国立大へ入学したい!」と考える人はいるでしょう。

最近ではインターネットが発達しています。「駿台お茶飲みwiki」という情報掲示板があります。そこの情報はそこそこの信ぴょう性があるので、そこで情報収集してみてください。

https://pchira.wicurio.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください